ノベロッパーの皆様、大変長らくお待たせしてしまいました。公式初のミニコンテスト『のべるちゃんコマーシャルサーキット』の結果発表です。
ノベロッパーにCMディレクターを務めてもらい、企業CMを作ってもらうというこの企画。今回のCMクライアントは株式会社ドロップシステム、宣伝する商材はアプリ『Script少女のべるちゃん』ということで、ほとんどの方にとって材料として扱いやすい面があったと思います(当たり前ですが)。とはいえ309作品という、予想を超える参加数に運営は大変面食らいました。(いつも何かする度に予想を超えるって言っていてすみません。でも本当です)
どの投稿作品ものべるちゃん愛に満ちた作品ばかり。今回のクライアントが感動に打ち震えたのは言うまでもありません。
ご参加頂いたノベロッパーの皆様、本当にありがとうございました。
たった1名の受賞で申し訳ありませんが、発表させて頂きます。

CM太郎・改

作者:バーチカル太郎

まずみんなに謝っておかなきゃいけないんだけど、今回のコンテストの審査委員長は本当は株式会社ドロップシステムの社長だったんだけど、クライアント都合で急遽、審査委員長が私、一般社員の私、のべるちゃんになりました。こちらの勝手な都合でこんなことになってしまい、誠に申し訳ございません。

そして審査してみて思ったこと。無理。自分の会社のアプリに対するユーザーからの愛に優劣つけるなんて鬼畜の所業だわ。人間のやれることじゃないと思う。まあ私は人間じゃなくて妖精だからなんとかやりましたけどね。でもみんなの作品読んでたら目から滂沱たる鼻水が流れてきて、結局自分だけじゃ決めきれなくて、最終的に株式会社ドロップシステムの社員みんなに意見聞いて決めました。

今回バーチカル太郎さんの『CM太郎・改』が選ばれた理由を集約すると以下のような感じです。
「シンプルに見えてさりげなくセンスのいい演出」
「マネしやすい、のべるちゃんの基本的なスクリプト機能で構成されている」
「CMとして長さが丁度いい。文言も必要最低限に収まっている」
「使っている立ち絵素材のジャンルの幅が広く、素材のPRにもなっている」
「ドロップシステムの社名とロゴ表示の演出のシンクロが秀逸」

大賞に選ばれてもおかしくない作品があと68作くらいあったんだけど、鼻先の差でこういうった結果になりました。バーチカル太郎さん、本当におめでとう!