ノベルちゃんコンテスト結果発表

のべるちゃん大賞(賞金50,000円)

「好き」は「さよなら」に似て。

作者名:かるぴ

のべるちゃん大賞

作者からのコメント

まさか選ばれるとは思っていなかったので、
受賞して「うひゃあ~!」とかなり驚いています!
心を込めて書いた作品だったので嬉しいです!^^

『「好き」は「さよなら」に似て。』は、けして明るいお話ではなく時々悲しいシーンなどもあったりもするので、
みんな読んでくれるかなあ?なんてはじめは思っていたのですが、未熟な作品であるにも関わらず、「感動しました」とコメントをいただけたりして嬉しかったです!

投票してくださったみなさん、読んでくださったみなさん、
そして、すばらしいアプリを作ってくださったのべるちゃんの運営のみなさま本当にありがとうございます!^^

ノベルを書くのって、自分のイメージを形にできるし、なかなかハマるんだな~ということもわかったので(笑)
また、ノベルにチャレンジしてみたいなあと思っています!^^

審査員からのコメント

第一回大賞はなんと、『BL』(ボーイズラブ)タグを付けて公開されている作品が選ばれてしまいました。
この物語がどういう方向に展開していくのか、何ともいえない気持ちで恐る恐る読み進めていけば、なんと驚き、実に誠実で清々しい普遍的な純愛青春物語ではありませんか。
セクシャルマイノリティである主人公の葛藤と、若者らしい友情のシークエンスをバランスよく物語の流れに吸収させてあり、一見生々しくなってしまいそうな題材をどこかコメディタッチなエッセンスでポップな青春ドラマに昇華させている点に、作者の構成の上手さを感じます。

また、物語の要所要所でミニゲーム的な演出が組み込んであり「script少女のべるちゃん」ならではのプレイ感覚を実現している点も多くの審査員からの高評価につながりました。

物語として、またゲームとしても、読む人、プレイする人に楽しんでもらいたいという想いが感じられる点を高く評価し、堂々ののべるちゃん大賞に選出させていただきます。

ユーザー賞(賞金30,000円)

ちょこれーとぷらねっと

作者名:廃墟文藝部

ユーザー賞

作者からのコメント

この度は本当に素敵な賞をありがとうございました。のべるちゃんは、友人に勧められ始めました。本当に素敵なアプリだと思っています。
自分の作品も、このアプリをもっとの多くの人に知ってもらうための、きっかけの一つになればと思ってます。
これからも、色んな作品を作りたいと思ってますので、もし良ければ遊んでやってください。私も皆さんの作品をとても楽しくプレイしてます!

PS 自分は普段は、廃墟文藝部という名義で名古屋を中心に演劇活動をしてます。もし興味ある方いましたら、是非一度検索してみてくださいね!

審査員からのコメント

選択肢の無い純粋なノベル作品ですが、序盤から読み手の興味を惹きつける構成の上手さ、セリフのキャッチーさが心地よく、最後まで飽きることなく読ませる力と技巧のある作品でした。
「チョコレートに侵食されていく地球」という、まるで童話のような幻想的な設定がベースにある分、やたらとリアリティを感じさせるる毒味がかったセリフやシークエンスが引き立ち、チクチクと読み手の胸に刺さります。甘さと苦さがひとつの世界を織りなす、まさにチョコレート的な魅力を持つ物語です。演劇活動をされいるという筆者らしい小劇場的なシニカルさが遺憾なく発揮されていると感じました。

この賞はユーザー投票で一番人気のあった作品を選ばせてもらいましたが、審査員の中にもこの作品を優秀賞に選ぶ声が多くありました。

多くの読み手からの支持を得て、堂々のユーザー賞を贈ります。

ユーザーランキングはこちら

優秀賞(賞金10,000円)

サブタイトル

作者名:街灯

優秀賞

作者からのコメント

諦めの気持ちが強かったのでとても嬉しいです
今後も自分なりに一生懸命物語をつくっていきたいです。
ありがとうごさいました。

審査員からのコメント

舞台設定そのものはファンタジーでも、「人生に残された時間との向き合い方」という、誰にも訪れる普遍的テーマを如実に描いた作品だと感じます。
ケレン味の無い抑えの効いた文体で情景が綴られますが、それがむしろ効果的に登場人物の間に流れる時間、揺れ動く心境、迫り来る切なさを際立たせています。
ビジュアル的な派手さは無くても、キャラクターの立ち絵素材の表情の使い方など、実に上手いと感じました。キャラクターの存在感という意味では、今回のコンテスト参加作品中随一だったと感じます。
小説とも違う、映画を見た後のような不思議な読後感があり、ビジュアルノベルだからこその情緒を生み出すことにも成功している作品ではないでしょうか。

審査員の一部に熱狂的にこの作品を推す人間がおり、今回のコンテストの台風の目とも呼べる作品が、この『サブタイトル』でした。

優秀賞(賞金10,000円)

to U

作者名:小雨瑛歌

優秀賞

作者からのコメント

この度は、優秀賞をお選び下さいまして、誠にありがとうございます。

メールのチェックを夜中にやっていて、のべるちゃん運営 という宛名で 「はて?何のメール?」なんて思いながらメールを開いて読んでいたのですが、しばらく沈黙…の後に一人で夜中に大騒ぎしてしまい、家族全員叩き起こして報告しました。(笑)

処女作の to U が選ばれた事はものすごく嬉しいです!

他の方の作品を読みましたがどれもよくて、まさか自分が賞をいただけるとは夢にも思っておりませんでした。

本当に寝ずに書いた甲斐がありました。
これからもどんどん書いていこうと思っておりますので、どうか温かい目で見ていただけると嬉しいです。

本当にありがとうございました!

審査員からのコメント

ペンションに取り残された人々に起こる事件という舞台設定はサウンドノベルの名作『かまいたちの夜』を彷彿とさせますが、登場人物の関係性が非常に現代風というかいい意味でラノベ的で、時代の流れを感じさせます。
セリフや立ち絵の見せ方など、作品として見ればまだまだ荒削りな部分は散見されるものの、200シーンを超えるそのボリュームは圧巻です。この短期間でよくぞここまでの作品を仕上げてくれました。

しかし今回のコンテストでは、書き手の労力は審査基準ではありません。
『to U』が多くの審査員から高く評価されたのは、「ノベルゲームを作る」という目的に対して真正面から取り組んだ作品だと感じたからです。
のべるちゃんでは既に「読者を驚かせよう」「目立つ作品を作ろう」という思いから、センセーショナルな物語、奇をてらった作品、運営も思いつかないようなギミックや演出を仕込んだ作品が多勢になりつつあります。
投稿プラットフォームである「のべるちゃん」の特性上、ユーザーが増えれば増えるほど、『to U』のようなノベルゲームらしい、らし過ぎる作品は希少になっていくことでしょう。

これから続く「のべるちゃん」の歴史の第一ページ、輝かしい第一回コンテストの受賞作にこの作品を選ばない選択肢はありませんでした。

スタッフ賞(開発スタッフが選んだ賞品)

Killer in the Forest

作者名:D_human

スタッフ賞

作者からのコメント

この度はのべるちゃん第一回コンテスト、「スタッフ賞」を戴き、誠にありがとうございます!

頑張って制作した作品が評価されてとても嬉しい反面、こんな邪道(?)な作品が入賞しちゃって良いのかなと正直困惑しています(笑)

「Killer in the Forest」はノベルゲームというよりは、80年代に流行した「ゲームブック」に近い形式となっています。実は最初からこういうゲームを作りたいと思っていて、それに合う制作ツールを探していたところ、出会ったのが「のべるちゃん」でした。

今までもゲームを作ったことはあったのですが最後まで完結出来たのは今回が初めてでした。これものべるちゃんというツールの手軽さが理由かなと思います。

もっとユーザーが増えて色んな作品がプレイ出来たら楽しいと思いますね。「やり込み要素満載!」みたいなゲームが現れたら私も「うおー負けるかー!」って燃えちゃうと思います(笑)

審査員からのコメント

今回、審査員の中で最も物議を醸した作品です。コンテスト募集当時に「のべるちゃん」にあった素材と機能だけで、ここまでのゲームらしいゲームを作ろうと試みた作者の意思そのものに驚きを禁じえません。
完成度と共に、ゲームとしての難易度も非常に高く、このノベルを審査する時も審査員同士で攻略情報の共有が必要でした。
『Killer in the Forest』は制作側である我々にも、「script少女のべるちゃん」が持つ可能性を気付かせてくれました。今後のアプリの進化の方向性にも一石を投じた作品となるでしょう。

感謝と敬意の気持ちを込めて、スタッフ賞を贈ります。

ユーザー投票ランキング

ちょこれーとぷらねっと
神様遊戯〜貴方の選択〜
エスケープ
4 to U
5 今日こそストーカー達を回避する
6 サブタイトル
7 ご当地戦隊☆センタマン!
8 はるの「チュートリアル」
9 部屋から脱出するようです
10 箱庭ドーナツ